読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪だと思ってたんですが💧 -悪性リンパ腫闘病記-

人生で初めての入院生活。自分、家族、仕事、人生とは⁉入院生活で感じた事や闘病記録、家族との過ごし方、趣味や特技の事を綴っていきます。

病気・副作用以外との闘い

『悪性リンパ腫』のキャリアとなってしまった今。闘う相手は、病気や抗がん剤の副作用以外にもあると感じた。キャリアじゃないと分からない事。

 

 

誰でも、そうかもしれないけど、こればっかりはなってみないと分からない?!

 

 

 現在の私。『悪性リンパ腫』と告知されて約半年。病状はともかく、治療は進んでいると思います。

 

でも、ここにきて面倒な問題が色々出てきてしまいました。告知されてから、ある程度の覚悟はしていたのですが、ここまでとは思いませんでした。覚悟が足りなかったというよりは....。

 

『悪性リンパ腫』になってからというもの、直接的な痛み、合併症の痛みや苦しさ、体力の衰え、孤独感、疎外感、副作用など色々なものと闘う日々が続いています。でも、これは私個人の問題で何とか頑張れています。

 

だけどここにきて問題が出てきたのです。

 

問題というのは、人の目。

 

つまり、世間体や風評、近所の目です。『悪性リンパ腫』になるまでは気づかなかったかもしれません。いやもしかしたら、気づかないふりをしていたのかもしれません。でも、自分がなってみると人の目が気になります。気にしないと言えば噓になります。

 

私の髪の毛は残念ながら今はもう殆どありません。抗がん剤の副作用です。肌の色も爪の色も色素沈着という副作用により薄ピンクというよりは変に赤く、時には赤紫って感じになります。

鼻毛もなく、まつげもない。眉毛はまだありますがこの先、どうなるか分かりません。体重も発症前より10kg近く痩せています。見た目ではそう、別人なのです。

 

風呂場の鏡で見る姿。電源入れる前のPCの液晶に映る自分の顔にハッとします。

知ってる自分じゃない。こんなの自分じゃない。そんな思いが毎回錯綜します。

 

悲しい事です。

 

以前の自分の姿に戻りたいのに。医師や看護師が言う、抗がん剤の治療が終われば戻れますよ。という言葉には何の説得力も感じません。

 

40代の中年の私でもこういう思いなのですから女性にとってはもっと辛いはずだと思います。自分で傷をつけたならまだ諦めもつくかもしれませんが、病気になったから。運が悪かったから。はぁー。溜息しか出ません。

f:id:orangelamp8:20170406160748p:plain

今いる病棟の中なら、同じ治療をしている方々が多いので気にしないのですが、病棟外に出てしまうと、まるで別世界です。病院内の検査室、売店、ATMいたるところで頭を見られます。最初は気にせずに、何のケアもせずにぶらぶらしてましたが人の目がどうしても私の頭に行ってしまうので、自分がいたたまれなくなり帽子を被ることにしました。病院の中でさえこれなので外に出たらもっと大変です。

 

今は、良いウィッグ(かつら)があるよとか、紹介してあげようかとか言われますが、今のところは、さして人前に立つこともドレスコードがあるような場所への立ち入りも予定がないので...。

 

テレビや雑誌、ネットなどで髪の毛がない方が映ってたりしても、以前は気にも留めませんでした。でも、今は、自分と一緒とか自分も髪の毛無くなっちゃったとか...どうしても、病気の事と結び付けてしまします。

お笑いの方がハゲって、いじってるのも今は不愉快に感じるかもしれません。ここまで言ったらきりがないですが....。

 

私は髪の毛が抜けることに関して、そこまで正直気にしてませんでした。まあ、さすがに、3クール目終了時から急にごっそり抜け始めたときは、お風呂の時とか枕を見て涙を浮かべることもありましたが、仕方ない。また、生えて来るさと自分に言い聞かせることが出来ました。

 

でも、周りの目ってのは言い聞かせることが出来ないんですね。分かってはいましたけど。ここまでとはね。

 

この前も、子供の友達に『〇〇ちゃんのパパは何でいつも帽子被ってるの?』って訊かれました。子供って怖いですよね。でも、子供が疑問に思ってるってことは当然大人も疑問に思ってるわけです。近所の人たちも私が一時退院で帰るたびに病状を訊いてきたり、何の病気なのって訊かれたりしてうんざりします。

 

例えばそこで、私は『悪性リンパ腫』ですって答えれば、質問はやむのでしょうか?!

私は抗がん剤治療中で髪の毛ありませんって言えば、誰か髪の毛生やしてくれるのでしょうか?!治療費を誰か出してくれるのでしょうか?!

 

答えは、NOです。

 

決まってます。関係ないですもん。他人ですもん。身内でさえ見舞いに来ない人もいますし。じゃあ、黙っててください。と言いたいです。私も決して強い人間じゃないので傷つきもしますし、傷も持ちます。悩んだり、悔しくて寝れない日だってあります。でも、頑張ってるんです。

 

今回ここに書いているのは愚痴では決してありません。

 

もう少し、変わらないかなぁって思うんです。その辺の配慮が。

 

特別にしてって話じゃないんです。同等で結構なんです。極端な話、この世の中の全員の髪の毛が無くなればいいんです。その時に、私の事気にする人なんていないでしょう。それでいいんです。ご飯食べてるときに帽子脱げとか、暑いのに帽子被ってるのとかほっといてほしいんですけどね。

 

現実問題こんな勝手な願いは叶わないのは分かっているので、そんな感じで気にしないでもらいたいって話です。

 

これは、髪の毛がない人だけの話じゃなくて、例えば何らかのハンディや障害(あんまり好きな表現ではないですが)を持ってる方の見た目やマナーで人を判断してほしくないなっていうひとつの意見です。

 

どうしても、社会的多数派(マジョリティ)の方が強い位置に居て、社会的少数派(マイノリティ)の方が弱い立場になりやすいってのは分かっちゃいるんですがね。

 

こんなこと、何十年も問題になってるだろうに一向にモラルというかそういった配慮に欠けてるって言うのは何故なんでしょう?!考えれば考えるほど堂々巡りになるし、生産性もないので今の私に出来ることとして、少なくとも、私や私の家族、私の周りの人にはこのことを一生懸けて伝えていきたいと思います。

 

今回は、いつもと違った内容ですが最近、私の周りで悲しくなることが続いたので書いてみました。抗がん剤治療中の方で同じ気持ちの方や全く別の考え方の方も、もちろんいらっしゃると思います。この文章を読んでみて、気分を害した方もいるかもしれません。でも、これが、私がこの身で感じた感想です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。感謝いたします。